Khan Academy 日本語

 
 
khan

カーンアカデミー日本語のサイトには、以下の説明があります。

 
カーンアカデミー日本語吹き替えビデオサイトにようこそ。カーンアカデミーは ミッションを持った組織です。世界中の子供達に無料の高質の教育を提供することを目的とした非営利団体です。以下の吹き替えビデオに加え、カーンアカデミーの英語サイトのビデオにも、多くの日本語字幕の入ったビデオがあります。是非ご利用ください。

中学、高校の数学などを覚えていないかたやもう一度勉強したいなど、向上心があればなんでもできる!
世界の中では、教育は無料で提供していく時代になっていると思います。これもインターネットが普及して、どこでも誰でも好きなときに学べる環境ができているかと思います。

サイト運営は、寄付も募集しているので、関心がある方は、下記のリンクよりアクセスして下さい。
Khan Academy 日本語

Final Cutが便利!

final cut

最近仕事で動画編集することが多くなってるため動画編集の勉強をしてるのですが、Final cutでやることは主に動画のカット、音声のカット、動画の切り替えや切り替えるタイミングでのエフェクトを使うのですが、

もしFinalCutの動画の切り替えエフェクトが気に入らない!!などの場合にはMotionやAfter Effectsで自由に編集したデータで行うことができる。

動画の途中を切り取って静止画を作ることも簡単にできるため切り替えの時に止めておきたい時などは静止画で対応することができる!自分が読んだ教材では、どんなに動画の中身が良くても最初の始まりが簡単な文字をポップアップさせたりするだけだと再生回数に響くらしく、まだまだ動画を撮る技術は全然無いのでなるべく動画の最初は綺麗に作るように心掛けてます!

動画を作る際にやっぱり音楽なども重要で音楽があると動画の流れのイメージがしやすいので制作の際に曲をなるべく早めに決めておくとサクサク進めることができます。

動画の編集ソフトだけだと最初に文字を出したりロゴを出したりすることしかできないで、Affter EffectsやMotionの勉強が必須になってきます!

Final Cut の勉強の際に参考にさせていただいてる動画を載せておきます!

今現在だと少しだけFinal Cutのバージョンが古いので表示が少し違うのですが大体のボタンは一緒なのですごい参考になります。

北谷町美浜に魅せられて

mihamamediastation2

2月18日(土)またまた、北谷町美浜に戻りました。宜野湾市は自宅もあるので通勤に便利でしたがアメリカンビレッジ、デポアイランドがある美浜が大好きです。事務所は、スターバックスが1階にある美浜メディアステーションの3階になります。
リゾートタウンとして観光客に人気があり、映画館、ショッピングセンターがありショッピングや飲食などの楽しみが沢山あります。仕事帰りに気軽に映画鑑賞ができます。

アメリカンビレッジのランドマーク 観覧車
max60

夜の雰囲気も素敵です。
americandepot

フィシャリーナの散歩道
fisharina

これを機に社員一同気持ちを新たにし、皆様のご信頼にお応えできるよう頑張っていきたいと思います。
今後とも一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

地方創生大全

地方創生大全

今回の書籍の紹介は「地方創生大全」です。前回は「DMOとDMCのつくり方」の記事でしたが、「DMOとDMCのつくり方」は、観光で地方創生を目的としており、2つの本の目指すところは地方活性化です。

地方活性化には、移住政策が手っ取り早くていいみたいな自治体が多いかと思います。
各地方自治体は、既に始まっている人口減少に対応すべく移住PR動画がYouTubeでよく見られます。

宮崎県小林市 移住促進PRムービー “ンダモシタン小林”

鹿児島市移住促進PV ショートver.

瀬戸内市移住PR動画「ココだから、できる」

この本では、補助金に頼らない、自治体にも頼らない、自分たちで考え、行動する。
一過性ではなく、地道に長い計画で人口増加、地元企業の事業発展で次世代でも働いていけるような地方創生が必要だと思います。
2月18日には、事務所が北谷町に戻るので少しでも北谷町の地域活性化に協力していきたい。

動画の勉強!

pmw200

After Effects

 

現在初めての動画を撮りにいったのですが、やっぱり動画撮影は難しい!!

編集するだけならまだいいのですが自分で動画をとるのはすごく大変だなと思いました。
けど、自由度も高いしいろんな映像を好きなようにできるのは自由があっていいのですが、その分カメラを扱う技術と経験が伴って来ることがひしひしと伝わりました。。笑

一眼レフだと人物を取るときに背景をぼかすのはわりと簡単なのですが、動画だと上手くいかない・・・・!!できないカメラなのかな!?ってちょっと思ってます笑

 

ここまで変えれたら人物が際立って綺麗に見えるのでがんばって方法探してみます!

スマホ時代の縦長動画

tategata
スマートフォンが爆発的に普及したために、動画を見る際に横より縦にする機会を多くなってきています。動画メディア「C CHANNEL」が縦長動画を採用し、Facebookでも、タイムライン上では正方形表示ですが、タップすれば縦長動画を全画面表示にすることが可能です。
スマホでサイトを見るときは、縦にして、YouTubeなどの動画サイトで動画を見るときは横にしたりします。このわずらしさが動画を縦型にしていると思います。

下記の動画は、iPhone7で2月3日にデポアイランドのR Cafeからの夕日の撮影です。約40分くらいの時の流れを32秒のタイムラプスで撮りました。太陽が海に沈むシーンを撮影したかったのですが、運悪く天気が曇りでした。

ウェブ動画マーケティングをする上で、スマホで縦長動画はどうしても考慮しないといけないことになっています。
テレビ、映画とは違う縦型に対処しないといけない時代になりました。

Motionの勉強!

motion

現在、仕事の内容で動画編集も扱う機会が多くなりつつあるので、Final Cut Pro に対応してるトラディションやエフェクトの制作の為にMotionの勉強をしてる段階なのですが、Motionのできる事がまだちゃんと理解してないので調べて見ました。

Final Cut でできる事は、もとからあるテンプレートに沿って文字の入力や動きを使うしかないらしくそれを補う為にMotionでテンプレートにはない動きを作ったり縦に文字を入れる場合はMotionで縦にかけるようにテンプレートを作成するしか無いようです。

Final Cut は体で、Motionは頭っていったところですかね。。。。笑

まだ全然使える範囲では無いので、もっと覚える事が多そうです!!

あの人気の海外ドラマのWorking Dead の動きをMotionで解説してる動画とかもあるので頑張ってもっと出来る用にしたいです。

 

ビデオカメラの勉強会に参加

SONY-PXW-Z150

SONYのPXW-Z150ハンディカムコーダーの操作勉強会に参加してきました。本体重量約1.9kgと4K記録に対応しています。これからは、デジタルドリームワークスでも動画撮影や編集などの業務に力を入れていきたいと思い、勉強してきました。

PXW-Z150の特徴として、頭に残ったことは、

4K記録対応にしていますが、4Kの映像はコジマやベスト電器の4K対応テレビしか見ていないので、4K対応のテレビかiMac 5kが欲しくなります。

光学12倍で遠くの被写体も拡大でよかったです。またフォーカス・ズーム・アイリスの3つのリングを装備し、マニュアル操作時の操作性を高めています。

SDカードスロットが2つあります。長時間の撮影も安心です。Wi-Fiも内蔵しているのでライブ映像が配信できます。

これからの映像に関する業務が楽しみになりました、今後のこのPXW-Z150で撮影した映像が配信できるようにがんばります。

PXW-Z150の紹介動画

 

PXW-Z150のサンプル動画

地方創生の切り札 DMOとDMCのつくり方

dmo

今回の書籍の紹介は「DMOとDMCのつくり方」です。日本では、外国人観光客数が2015年に2000万人を突破し、2020年において、4000万人という外国人観光客数を目標としています。

日本全体で観光立国を目指して、各地方に日本版DMOを設立して観光革命を目指している国の政策です。

ここ沖縄県では、2021年に観光客数1000万人、国内800万人、外国客200万人を目標としています。デジタルドリームワークスでもITと観光でスマホアプリを制作したり、北谷町観光情報発信サイトを構築などいろいろと貢献していると想っています。

DMOの意味は、以下のなります。地域の「稼ぐ力」を引き出し、観光地域づくりを実現するための戦略を策定する法人とこの本では、定義しています。

D = Distination

M = Management & Marketing

O = Organization

地域資源の観光的価値を貨幣価値に変換する企業、DMCの意味は、以下のなります。

D = Distination

M = Management & Marketing(Monetize)

C = Company

インターネットでこれから行きたい、行く予定の観光地の情報を調べ、YouTubeなどの動画サイトで現地をより感じ取ることができるようになりました。これからは、その地域のコアな情報を発信できる仕組みを作って、地域の地方創生に向けて、弊社なりに協力したいと考えています。

Adobe Photoshopで写真加工

photoshop

Adobeのアプリ紹介シリーズ第2弾は、Photoshopです。画像編集ツールといえばPhotoshop、ビットマップ形式で写真をいろいろ修正できます。デジタルであればなんでもできるみたいな代表的なアプリです。

photoshop
最新の起動画像、自然をモチーフしています

 

photoshop
ツールが多すぎて、モニターには全部表示できないくらいです。生きているうちにすべての機能を試したいと思っています

PhotoshopのおかげでMacのメモリは、大きいほどいいという大切さを知りました。メモリが少ないとハードディスクを仮想メモリとするためにハードディスクが回転する音が激しく、一生懸命働いている感じさえしました。

毎年の年賀状は、Photoshopで写真を加工してIllustratorでレイアウトしてプリントしています。