全記事へのアクセスにはget_postだけでは利用できない

会社のブログ記事へこのようなdeveloper向けの投稿はどうだろうと思いましたが、
ブログを通してさまざまな技術者の方とコミュニケーション、またご指導いただければと思い、
これからdeveloper的な投稿も投稿していきます。

その方がブログのネタも尽きないと思いますし!

で、表題について
今更ではありますが、よく忘れてハッとしてしまうのでメモ…

——————-

■ 全記事データにアクセスする
いくつかの記事データは、get_posts デフォルトで利用できません。the_content() のコンテンツや ID 等です。内部関数 setup_postdata() に、引数として $post 配列を与えることで、解決できます。

<?php
 $lastposts = get_posts('posts_per_page=3');
 foreach($lastposts as $post) :
    setup_postdata($post);
 ?>
 <h2><a href="<?php the_permalink(); ?>"
  id="post-<?php the_ID(); ?>"><?php the_title(); ?></a></h2>
 <?php the_content(); ?>
 <?php endforeach; ?>

上記はWordPress Codexからの引用です。
http://wpdocs.sourceforge.jp/テンプレートタグ/get_posts

ソニーデザインセンターの本

一時期ソニー製品に非常に憧れていました。ソニーのカセットデッキ、トリニトロンのテレビ、ウォークマンなどいろいろ購入しました。プレイステーションなどはゲームもやらないくせに購入してただのDVDプレイヤーになっていました。

そのソニー製品プロダクトデザインのコンセプト、プロトタイプについて書きている本です。

「Digital Dreams」かっこいいね!デジタルドリームワークスの社名は、この本のタイトルを参考にしました。

digitaldreams

WordPress3.1がリリースされました

ますます、CMSになっていくWordPressは、すごいです。

最近では、ウェブサイトの構築や設計、デザインの段階でWordPressの事を常に頭に置いて考えています。

「3.1 リリースにより、WordPress は今まで以上に CMS らしくなりました。想像力があれば、どんなサイトも作れるはずです。」のテキストのように非常にわくわくしてきました。

WordPress 3.1 リリースのニュースは、こちら

ウェブページのキャプチャに「Paparazzi!」

提案書やマニュアル制作のときにウェブサイトの画面をキャプチャしたい時に、利用しているユーティリティソフトで「Paparazzi!」です。

シンプルで使いやすいやすく、ただURLを入れるだけで簡単にウェブページを表示して、イメージ保存もしてくれます。

Paparazzi!